診療案内・料金

つくば市のさかまき鍼灸院では、鍼とお灸で身体の芯から温めて、「冷え」を解消し、自然治癒力を最大現に発揮させます。

鍼について

s1070001

髪の毛ほどの細さで先を丸くした鍼を使用します。
とてもやさしい鍼なので、鍼に不安のある方、初めての方でも安心して受けて頂けます。
また、鍼、鍼皿、シーツ、枕カバーはすべてディスポーザブル(使い捨て)を使用しております。衛生面もご安心ください。

 

s1010014

妊婦さん、皮膚や刺激に敏感の方には、てい鍼という先を丸くした、
刺さらない鍼でやさしく刺激いたしますので、ご安心ください。

刺さない鍼と温灸治療

お灸について

知熱灸(ちねつきゅう)

もぐさを大きくピラミッド型に作り、上からゆっくり燃やす事で、じんわりとした温かさが身体の奥に広がります。温かいと感じたら取り除きますので、とても気持ちの良いお灸です。腰、背中、お腹などに使う事が多いお灸です

透熱灸(とうねつきゅう)

s1020015

米粒ぐらいのもぐさでお灸をします。身体の奥に熱が染み込むような温かさを感じます。

温灸(棒灸)について

黒い棒灸は煙の出ない棒灸

温灸(棒灸)はもぐさを紙に包み、皮膚から距離をおいて燃焼させ、輻射熱で温熱刺激を与えるものです。もちろん、火傷のしないお灸になります。非常に気持ちがよく、お灸が苦手な方、赤ちゃん、ペットにも使う事ができます。お灸の煙の苦手な方はもぐさを炭にして固めた、煙の出ない温灸での施術も可能です。

 

施術手順

1問診

症状について問診いたします。さらに身体の冷えの状態を知るために、生まれた時の状態から現在に至るまでの病歴などを問診いたします。身体の不調の原因を突き止める為にもとても大切です。

s1000041

2腹部に鍼

仰向けでツボの反応の確認をしてから、鍼をお腹にやさしく当てていきます。心地の良い刺激で、痛みはまったくありません。お腹に鍼をしていますが、お腹だけではなく身体全体の表層の気の流れを整えます。

s1000072

3脈の調整

脈の状態を確認して、今現在の身体の状態を把握します。手首のツボに鍼をやさしく当て、脈の乱れを整えていきます。、身体全体の中層の気の流れを整えます。

s1000074

4お腹の確認

お腹を触診して、どこに「積」があるか確認します。「積」の位置で次「5背中に鍼」の鍼やお灸をする場所や順番を決めます。
※積(しゃく)とはお腹の触診時に感じる痛み、しこり、動悸の事です。

s1030001

5背中に鍼

うつ伏せでツボの確認をして、お腹の状態に合わせて、背中に鍼やお灸をしていきます。 身体の深い部分の気の流れを整えるとても大切な施術になります。

s1000057

6お腹の確認と補助治療

仰向けになっていただき、「積」と症状の変化を確認します。状態に応じて、補助治療(鍼やお灸)を行います。

7説明

ベッドに座って頂き、身体の状態を確認して、肩に鍼をします。施術が終わったら、今現在の身体の状態を説明させていただきます。

s1000083

治療前後の注意

治療を受ける前

治療を受ける5分~10分前にはご来院ください。
治療1時間前の食事はできるだけさけてください。

治療時の服装

治療の際にはお腹や背中を中心に施術していきます。
また、身体の状態を知るために、手足や首のツボの確認をします。
上半身は襟元にゆとりのあるもので、肘上まであがる物(大きめの半袖やキャミソールなど)
下半身は膝上まで上がる物(半ズボンやジャージなど)

治療後

  • 治療を受けた日は激しい運動、アルコール、お風呂(シャワーは別)は避けてください。
  • 治療の後は身体の気の歪みが調整されていく過程で、身体がだるく感じる事があります。
    特に初めて治療を受ける方、疲れが強い方などは眠気やだるさ、症状がかえって重く感じる事がありますが、これらの違和感は身体の良くなる過程で一時的に現れるものです。治療を重ねていくことで治まっていきます。

料金・時間

鍼灸治療

初診料 2,000円
(※初回のみです)
施術料 4,000円
往診料

 1,000円(片道30分以内)
1,500円(片道60分以内)
※往診での施術の場合必要です

時間

40分
(※初回は+20分~30分)

ホームページ特典

ホームページのお問い合わせフォームからのご予約、又はお電話でのご予約の際にホームページを見たとおっしゃっていただければ、初診料を1,000円引きにさせていただきます。

ご予約・お問い合わせ

 

はりきゅう助成券

当院はつくば市から協力店として登録されており、下記の条件を満たす方は、はりきゅう助成券がご利用になれます。

はりきゅう助成券について

70歳以上でつくば市在住の方は「はりきゅう助成券」が使えます。
高齢福祉課または各窓口センターにて申請をお願いいたします。