冷え性でお悩みの方、冷えとり鍼灸で改善!!

2017年11月28日(火)

 冷え性とは特に手や足先やお腹、膝、太もも、首肩など冷えている感覚が自覚される状態です。

寒い季節だけでなく、一年を通して冷え性に悩まされている方も多く、特に女性の方が多いです。

また、「冷えは万病の元」と言われている通り、様々な病気や不調の原因になっています。

今回は冷え性対策や改善法などを書いていきたいと思います。

冷え性が病気や不調の原因になっている

 昔から「冷えは万病の元」と言われているように、冷えは病の根本的な原因であり、様々な病気や不調の原因やサインにもなっています。しかし西洋医学では病気としては扱われていないため、検査をしても原因となる病気が見つからない(不定愁訴)場合は、漢方を処方される場合もありますが、無駄になってしまう事もあります。

 鍼灸院に来院される患者さんは様々な症状の方がいらっしゃいますが、ほとんどの方が冷え性を自覚されています。また、自覚されていなくても手足やお腹を触ると冷たくなっている方が多く、実際に触っていただくとビックリされる方もいらっしゃいます。

 冷えが引き金になっている症状をあげればきりがありませんが、特に鍼灸院に来院される症状は、

冷え性、自律神経失調症更年期障害不眠症、肩こり、腰痛、膝痛、神経痛、アトピーなどのアレルギー症状、不妊症、逆子、むくみなど、まだまだたくさんあります。美容にもよくないですよね。
 ほとんどの症状に「冷え」が関係しています!!

自分でできる簡単冷え性対策

 自分で出来る簡単な冷え性対策をここでは3つ紹介したいと思います。

①ホッカイロを上手く利用する

 冷え対策にホッカイロを使われている方は多いと思います。冷えている場所に貼る事が原則ですが、症状によって貼る位置を使い分けるとより効果的にホッカイロを使えると思います。
1、足の冷えや生理痛、慢性的な腰痛、自律神経失調症などには、お腹のへその下や、腰の骨盤のあたり(仙骨の上)に貼ると効果的です!!
 
2、手の冷え、肩こり、風邪などは左右の肩甲骨の間や左右の肩甲骨の上のラインを中心にして貼るのも効果的です!!

※ホッカイロを貼る際は低温火傷にご注意ください。
※体の前面ではへそより上、背面では首より上には貼らないでください。体の上部に熱がこもる事があります。



②湯たんぽを利用する 湯たんぽを使われている方も多いと思います。
一番はやはり寝るときに足元に入れることです。足が温まると安眠効果も期待できます。
また、最近はコンパクトの物やオシャレな物も増えて来ているので、お湯さえあればどこでも使えます。
湯たんぽがなければ、ペットボトル(ホット用)にお湯を入れてタオルを巻いて使ってもいいですよね!!
冷めてくればタオルを外して使えば、長い時間利用できます。コンビニなどで温かいお茶などを買ったときは飲む前に無意識に身体を温める方はけっこういると思います。


③白湯を飲む

 身体には必ず水が必要です。冷たい水や常温の水ではなく、白湯を飲みましょう。
まずは朝起きたときの一杯から始めてみましょう。朝から冷たい水を飲むと、起きたばかりの胃や腸はビックリしますし、お腹が冷えると身体全体が冷えてしまいます。お腹が弱い人は下痢にもなりますよね。白湯を飲めばお腹も温まり、身体も温まります。寒い時期は常温でも冷たいですよね。

朝起きの一杯の習慣が出来てきたら、食事中も白湯にしていくとより効果的です。

 

冷えを解消~冷えとり鍼灸治療

 つくば市のさかまき鍼灸院では数ある鍼灸治療のなかでも「冷え」の解消に力を入れている、冷えとり鍼灸治療「積聚治療」で健康な身体へのお手伝いをさせて頂いています。

積聚(しゃくじゅ)治療の積聚(しゃくじゅ)とはお腹の異状の事です。
東洋医学では、お腹は身体全体の反応が現れる
ところで、例えば腰が痛くても膝が痛くても、ほとんどの場合お腹に異状が出ています。それは、身体が冷えて生命力が低下しているためです。

お腹、脈の状態、全身のツボを確認しながら、身体の中心である背中をメインにお腹や手足に鍼やお灸をする事で身体の芯が温まり、病の根本的な原因である「冷え」が解消され、積聚(しゃくじゅ)が消えていきます。
積聚(しゃくじゅ)が消えると、辛い症状も改善されます
 
 さかまき鍼灸院ではやさしい鍼と温かいお灸を使っているので、鍼が苦手な方、お灸に恐いイメージがある方、鍼灸治療が初めての方でも安心して受けていただけます。

また、妊婦さんや刺激に敏感の方、どうしても鍼灸が苦手の方は刺さない鍼や温灸での施術もおこなっております。
刺さない鍼は痛みはまったくありませんし、温灸は赤ちゃんやペットに使える程心地よく、身体の芯までゆっくり温まります。


   

 鍼やお灸で身体の芯が温まると、冷えの解消はもちろん、お腹(腸)が温まる事で胃腸の状態がよくなり、肌ツヤがよくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー症状もよくなります。もちろん代謝もよくなるので、ダイエットや美容にも効果的です。

 冷えが強い方には、ご自宅で出来る簡単なお灸のやり方と冷えに効果的なツボの取り方を覚えていただきます。鍼灸治療と並行してご自宅でお灸をやっていただく事で、より早く温かい身体を手に入れるとができます。

また、体が温まると心も温まるので、気持ちも前向きになり、自律神経失調症やパニック障害やうつ病などの心と深い関係にある症状や不調にも効果的です。

 まずは「自分でできる簡単冷え性対策」を試していただき、なかなか改善しない場合には、冷えとり鍼灸治療を受けてみてください。心と身体がポカポカになりますよ!!

冷え性でお悩みの方、つくば市のさかまき鍼灸院へお気軽にご相談ください(^O^)

ご予約・お問い合わせ

  |