患者様の声「腰椎椎間板ヘルニア、ゲガ全般、病気全般、メンテナンス」

2017年09月05日(火)

つくば市のさかまき鍼灸院では、施術の感想を患者様に許可を頂き、ブログやホームページでご紹介しております。

 

今回の患者様は7年前に腰椎椎間板ヘルニアと思われる症状(病院には行っていないので)で鍼灸治療をさせて頂き、腰やお尻の痛み、お尻から足先までのシビレが良くなりました。現在は腰椎椎間板ヘルニアの症状はまったく出ていませんが、仕事がらお身体を使うので、ケガをした時、病気の時、日頃のメンテナンスなどで、お仕事が忙しく定期的にはこれませんが、通ってくれています。

 

成田市 荒井宗之さん(36歳) ゴルフ指導者 ヘルニア、ケガ、病気、メンテナンス

『諦めから希望へ』
7年前、ヘルニア?と思われる症状によりゴルフを辞める覚悟でした。有名な治療院を数ヵ所訪ねましたが、治らず、先生と出合い、治療がスタートしました。週1、2回のペースで約2ヶ月後にはゴルフクラブを振ることができました。大好きなゴルフを辞めないで良かった!!今ではメンテナンスも兼ねてケガや病気の時も先生の所へ足を運びます。鍼を使っているのに、いつ使っているかわからない不思議な治療で、治療後は体の中から元気になります。

 

この患者様は私が鍼灸治療する前はスポーツで有名な鍼灸整骨院や鍼灸院に杖をつかれて通われていいたそうです。どちらの治療院さんも腰やお尻、足などに鍼を刺す、西洋医学的な鍼灸治療をされていたようです。私の鍼灸治療は東洋的な発想で施術をするので、痛い所とはまったく違う場所に鍼やお灸をします。最初はビックリされて、本当に大丈夫なのか不安になったそうです。(後から聞きました(笑))鍼灸治療を受けて次の日に足のシビレが軽減している事に気づき、信じて鍼灸を受けてみようと思ってくれたそうです。

 

今では鍼灸治療の本当の良さを理解してくれていて、風邪を引いたり、食欲がない時なども、薬は飲まず、鍼灸治療を受けてくれます。ゴルフを生徒さんにレッスンする時なども、悪い所だけでなく、全体を観察して、悪い場所を直すのではなく、悪くなった原因の場所を直すようにしているようで、ゴルフのレッスンにも東洋的な発想を取り入れて頑張ってくれているようです。また、お話をすると鍼灸とゴルフはまったく違う分野ですが、繋がっている部分も多く、ゴルフに対する想いを聞くとこちらも勉強になる事がたくさんあります。

 

これからも、メンテナンスをしっかりして、素晴らしいいゴルフを続けて頂ければと思います。施術の感想を頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  |