患者様の声「脊柱湾曲症・腰椎すべり症」

2017年09月01日(金)

つくば市のさかまき鍼灸院では、施術の感想を患者様に許可を頂き、ブログやホームページで
ご紹介しております。

 

今回は脊柱湾曲症、腰椎すべり症による腰の痛み、お腹の痛みなどで悩まれていた患者様に、鍼灸治療の感想を書いていただきました。ありがとうございます。

 

つくば市 M.Kさん(72歳) 主婦  脊柱湾曲症、腰椎すべり症

さかまき先生、ありがとうございます。
まず第一に、私の話をしっかり聞いて下さった事です。(生まれてから現在の身体の事、病歴等、仕事等)脊柱湾曲症、腰椎すべり症の痛みを72才までかかえていました。この痛みは一生つきあっていくのかと思っていました。ところが、1回の施術でその痛みが止まりました。嘘でしょうと思う位です。施術の後は身体がだるく2時間位自然に眠りました。その後は、背すじが伸びたように感じられ、まだ二回の施術ですが、痛みは感じられません、すばらしい解放感で嬉しくて、こんな事があるのかと、感謝いっぱいです。

 

 

この患者様は先に娘さんが鍼灸治療にこられていて、娘さんから母親が脊柱湾曲症と腰椎すべり症で腰痛に悩まされていて、どうにかならないかとご相談を頂きました。娘さんには脊柱の湾曲やすべり症が改善する事は難しいですが、痛みは良くなると思いますとお伝えしました。

 

実際に来院して頂き、問診で痛みの原因(冷えの原因)を探っていきます。痛みの原因は脊柱の湾曲や腰椎のすべり症でしょ、と思われる方いらっしゃると思いますが、目に見える状態(レントゲンなどでわかる脊柱の湾曲やすべり症)と痛みが完全には関係していない事はたくさんあります。例をあげるとレントゲンを撮ると腰にヘルニアがあるのに痛みが全くないなどです!結構いらっしょいます。もちろん関係している時もありますが。M.Kさんの場合は脊柱の湾曲がかなり強く、仰向けで寝ていると腰の痛みが強く、その影響からお腹の突っ張りや痛み、両膝が伸びない状態でした。お腹の痛みがなかなかとれないので病院で検査をしようか悩まれているところでした。

痛みの原因はこちら→病の根本的な原因は冷え

 

鍼灸治療で何をしたのかと言うと、お腹や背中に鍼やお灸をして冷えをとり、気の流れを良くする事で、自然治癒力を正常に働くように、身体に良くなるきっかけをあたえます。実際に施術後2時間位だるさが出たとの事だったので、身体が修復作業をしていたのかもしれません。しかし、施術後の反応はだるさが出る人もいれば、まったく感じない人もいますし、逆に一時的に痛みが強くなる人もいます。人それぞれなのでどれがいいとは言えませんが、だるさや痛みが出ても決して悪い事ではないと覚えて頂ければと思います。施術のやりすぎで体調が悪くなるのはもちろん良くない事ですが!

鍼灸治療についてはこちら→積聚治療について

 

施術後は仰向けになっても腰が痛くなく、お腹の突っ張りも少しとれ、膝も大分伸びるようになりました。痛みが取れてきたなら、脊柱の湾曲なども変化しているかと言うと、見た目ではほとんど変化はありません。また今まで長い年月をかけて湾曲してきたものが、一回の施術で大きく変化してしまったら、バランスが取れなくなり、逆に強い痛みが出てきてしまうかもしれません!自然治癒力を正常に働かせてあげる事で、必要があれば脊柱の湾曲なども変化が出てくるかもしれませんが、そこには焦点を当てず、あくまでも冷えをとり、気の流れを良くすることを目的にしています。

 

また、今回のケースでは比較的早く痛みが改善してきましたが、これも患者さんによって違います。同じ症状でもすぐ改善する人もいれば、改善に時間のかかるケースもあります!それは同じ症状であっても、生まれてから今までの人生も違いますし、病歴や仕事歴なども違います。また悪い生活習慣を続けていたり、仕事でどうしても身体に負担がかかったり、眠る時間がないなど、みなさん状況が違います。その為、問診でしっかり患者さんが今どういう状況にあるかを探っていきます。たまに自分の身体を振り返ってみるのもいいことです。色々な気づきがあり、なんで身体の調子が悪いのか分かるかもしれません。分かればその原因となることをやめてみれば身体の調子が良くなるかもしれません。やめても良くならなかったり、原因が分からない場合は鍼灸治療を受けてみるのもいいと思います。

 

背骨の変形やすべり症など、腰の痛みで悩まれている方はたくさいらっしゃると思います。辛い症状でお悩みの方はつくば市のさかまき鍼灸院へお気軽にご相談ください。

 

ご予約・お問い合わせ

 

 

 

 

 

 

 

  |