妊活・不妊と鍼灸

2020年02月06日(木)

 晩婚化が進み、ますます不妊で悩まれている方が増えていると思います。
不妊治療を始めようか悩まれていいる方や、不妊治療を始めたが原因が分からないケース、原因が分かって改善してもななか妊娠しないケース、体外受精や人工授精などもおこなっているが子宝にめぐまれないし、体も疲れてしまったなど、様々な状況でお悩みだと思います。

 当院では、不妊でお悩みの方に大きく分けて2つの部分でお役に立てると思っています。
妊活や不妊症に対する鍼灸に興味がある方、病院の不妊治療に併用して鍼灸をお考えの方は読んでみてください。

①「冷え」の解消

 不妊でお悩みの方の共通点は身体が冷えていることです。
大体の方が冷えを自覚されています。中には自覚されていない方もいらっしゃいますが、身体を確認すると冷えの反応がたくさんでています。

 冷えとは感覚的に冷たい冷えはもちろん、根本的なところで考えると、「生命や命が冷えている」と考えます。新しい命を誕生させるには、温かい身体が必要ですし、冷えていたら、なかなか妊娠できないですよね。

 鍼やお灸で身体の芯を温めて、妊娠しやすい温かい身体づくりをしていきましょう。

②不妊治療で疲れた身体を整える

 病院で不妊治療をされている方は身体が疲れている方が多いです。
もちろん妊娠するために、不妊治療をしていますが、身体の疲れ、冷えは強くなってしまいます。
 特に体外受精では効率よく採卵するために、身体の負担が強くなります。

 当院で体外受精をされている方の身体の状態を確認すると、以前より冷えが強くなり、お腹が硬くなったり、頭痛や便秘、腰痛など、様々な不快な症状に悩まされる事もあります。

 そのような身体の状態になってしまうと、ますます妊娠しづらい状態になってしまうので、不妊治療と併用して鍼灸をすることをオススメします。

 病院で不妊治療を続けていいると、身体も心も疲れてしまうことがあります。そうすると自律神経なども乱れて、情緒も不安定になったりと、身体にとってもよくありません。

 不妊治療での疲れを最小限にすること、身体を整えてあげるのに鍼灸はお役にたてると思います。

鍼とお灸で温かい身体を

 当院の鍼灸は数ある鍼灸治療の中でも、冷えの解消に力を入れている積聚(しゃくじゅ)治療です。
鍼とお灸で身体の芯を温めて、妊娠しやすい身体の状態に整えていきます。

積聚治療についてはこちら→鍼灸施術について 

 また、カウンセリングにより食事など生活習慣も確認し、冷えの原因になっている事があれば改善していただき、希望の方や必要な方にはご自宅でできる簡単なお灸のやり方、ツボを教え、やっていただきます。

 検査をしたが不妊の原因がわからない方、不妊治療を継続していて身体の疲れや不調を感じる方、身体の冷えが強いと感じる方はご相談ください。

 妊娠しやすい温かい身体づくりをしていきましょう。

ご相談・ご予約はこちら
ご予約・お問い合わせ

  |  

過去の記事