逆子と鍼灸


 逆子とは正式には骨盤位(こつばんい)と言われ、

赤ちゃんの頭が上にあり、おしりが骨盤に向かっている

状態をいいます。

 

 妊娠33週頃までは、逆子の赤ちゃんはけっこうみかけますが、

その後、赤ちゃんが自然に回転して、36週頃までにはほとんど

頭が下(頭位(とうい))の状態になります。

 

 ところが、赤ちゃんによっては33週過ぎても自然に回転せず、

逆子のままとどまっている事があります。

 

 逆子体操をして戻るケースもあるようですが、それでも戻らない

場合は、逆子の出産は危険が伴うので、多くの病院では予定日前に

帝王切開になる事がおおいです。

 

 鍼灸院に来院されるケースは病院で逆子の場合は帝王切開に

なると言われ、逆子体操をやってよくならず、お腹を切りたくない

ので、なんとかならないかと言う事で来院されます。

 

 東洋医学では逆子の原因は「冷え」と考えています。

身体が冷えると気の流れや血液の流れが悪くなり、

お腹の張りや、下半身の冷えが強くなり、お腹の中での赤ちゃんの

居心地が悪くなり、逆子になると言われています。

 

 鍼灸で出来る事は、身体の冷えを取り、気血の流れを良くする

事で身体の芯を温め、赤ちゃんに居心地のいい空間をつくって

あげる事です。

 

 ただ、出産に近づけば近づく程、赤ちゃんも大きくなり、逆子が

良くならない可能性は高くなってきますので、妊娠初期からの

鍼灸での体調管理をおすすめしています。鍼灸はつわりや

むくみ、肩こり、腰痛などの妊娠中の様々な症状にも効果があり、

安産や産後の肥立ちにもおすすめです。

 

 逆子や妊娠中のトラブルでお困りの方、せひご相談ください。