自律神経失調症の根本原因


 自律神経は生命活動を維持するとても大切な神経で、

簡単にバランスを崩すことはありません。もし、何かを

きっかけにバランスが乱れたとしても、それを整える力

人には備わっています。では、なぜ自律神経失調症になって

しまうのでしょうか?

 一般に、生活のリズムが乱れている人、精神的・肉体的

ストレスを受けやすい環境の人、また、更年期の人などは

自律神経失調症があらわれやすいと言われています。しかし、

このような人が必ず自律神経失調症になるとも限らないのです。

これだけ進んだ西洋医学においても、なぜ自律神経失調症に

なる人とならない人がいるのか、まだはっきりとした原因は

わかっていません。

 

 一方、東洋医学では昔から「冷えは万病のもと」と言われて

きました。「冷え」は、身体に本来備わっている自己治癒力

低下させてしまいます。

自己治癒力とは、ウイルスなどの外敵から身体を守る免疫力、

傷や骨折の修復能力、細胞の再生能力や新しい命を授かる妊娠力

、そして、自律神経のバランスを整える調整力などをいいます。

 自律神経の調節を司る中枢は、脳の視床下部というところに

あり、2つの自律神経がバランスよく働くようにコントロール

しています。そして、コントロールするには力(エネルギー)が

必要です。調整力とは、「自律神経をコントロールする力

(エネルギー)」と言い換えるとわかりやすいでしょうか。

このように、生命を維持して健康に生きていくために必要な力を

総称して、自己治癒力といいます。

 

 また、東洋医学では人の体には、の2つの働きがあり、

この2つのバランスが保たれている状態が良いと言われてきま

した。東洋医学の基本概念に陰陽論という考え方があります。

すべてのものには二面性、陰と陽があり、そして陰陽は相対的な

ものと考えます。一方が陰なら一方は陽です。反対のものであり

ながら、調和する、それが陰と陽です。

例えば、女性(陰)と男性(陽)、1人の人を見た場合は、下半身(陰

)と上半身(陽)などです。人の身体の働きでは、相反する働きを

する自律神経の副交感神経交感神経まさに陰陽を意味して

います。陰があるから陽があり、陰だけ、あるいは陽だけが単独で

あるのではないのです。

 そして、人は陰陽のバランスが整い、自己治癒力がきちんと

働いている状態が健康とされてきました。

 

 気血のめぐりが悪くなり、身体が冷え、自己治癒力が低下し、

陰陽のバランスが乱れることでさまざまな症状があらわれると

考えられてきました。例えば、仕事で無理をしたり悩み事を

抱えると一時的に交感神経が緊張して、副交感神経の働きは

抑制されて血管が収縮し、血流が悪くなります。

血流が悪くなると、身体に「冷え」が生じてきます。

この時、休息をとったり、気分転換などをして副交感神経の

働きが優位になると。血管は拡張して血行は良くなります。

やがて、「冷え」は補われ、自己治癒力(調整力)で自律神経の

バランスは整います。ところが、無理や悩み事を抱え続けると、

交感神経が過緊張に陥り、「冷え」はますます強くなります

。その結果、自己治癒力、は低下してしまい、自律神経の

バランスは崩れ、さまざまな体調不良が起こるのです。

 

 きっかけは、ストレスなどによる一時的な自律神経の

バランスの乱れです。この時に無理を続けなければ自己治癒力に

よってバランスは整います。

しかし、無理続けると冷えが生じ、自己治癒力は低下してしまい、

自律神経のバランスは崩れ、自律神経失調症となってしまうのです。

 東洋医学ではこの冷えを「根元的な冷え」と呼び、病の根本原因

考えています。

このように鍼灸治療は、数千年の歴史と先人たちの治療の積み重ね

の中で、冷えと病の関係を明らかにしてきました。

そして、その考え方と治療法は脈々と現代にまで受け継がれて

います。