自律神経とは


 まず、神経には体性神経と自律神経があります。

体性神経は、手や足などを自分の意思で動かすための神経です。

 

 一方、自律神経は消化器を動かしたり、体温調節をするなど

自分の意思とは関係なく働く神経で普段無意識にしている呼吸、

循環、消化、排泄、発汗、体温調節、睡眠などをコントロールし

ています。

 

 自律神経は生命を維持するための重要な働きをする神経です。

 

 そして、自律神経には交感神経副交感神経があります。

2つの自律神経は、副交感神経が血管を拡張して血行を良くし、

交感神経は血管を収縮して血行を穏やかにするなど正反対の働きを

しています。また、交感神経は仕事やスポーツの時に心臓の拍動や

血圧を高めて、精神活動を活発にします。主に昼に活発になります。

副交感神経は睡眠、休息をとるときに働く神経で、心臓の拍動をし

ずめ、精神活動を休めます。主に夜に優位になります。

 

 そして、自律神経は感情の変化にも連動して働きます。

緊張したときや驚いたときは、交感神経が亢進して、心臓がドキ

ドキします。緊張から開放された時は、副交感神経が優位になり、

心拍が下がり気持ちが落ち着きます。

 

 このように2つの自律神経が24時間、365日休まずバランス

をとりあって、身体の働きを安定的に調整しているのです。