月経痛(生理痛)の根本原因


 月経痛の原因は様々あり、子宮や卵巣になんらかの

病気が隠れている場合もありますが、特に大きな要因と

言われているのは、プロスタグランジンという物質です。

 

 月経前から月経前半にかけて、プロスタグランジンが

分泌されます。

 

 この物質は子宮の収縮を促して、月経の経血を身体の

外に押し出す働きがあります。

 

 また、痛みを起こす作用もあり、過剰に分泌されると、

キリキリした痛みが発生します。

 

 月経痛のある女性では、経血や子宮内膜に含まれるプロ

スタグランジンの量が、月経痛のない女性よりも多いと

言われています。

 

 では、なぜプロスタグランジンが過剰に分泌される人と

されない人がいるのでしょうか?

 

 プロスタグランジンの働きをもう少し詳しくみていきましょう。

 

 プロスタグランジンには何種類かあって、血管を拡張させ痛み

を起こす作用と、血管を収縮させ痛みを軽減する作用のものがあ

り、本来、これらがバランスをとりあって分泌されます。

 

 バランス良く分泌されていると月経痛は起きないのです。

 

 月経では経血を押し出すために子宮(子宮に筋肉)が収縮し

ます。通常、筋肉が収縮するには豊富な酸素と栄養を必要とします。

 

 子宮筋も同様に、収縮する時には酸素と栄養が必要になるのです。

 

 この酸素と栄養を運んでいるのは血液です。

 

 ところが、血流が悪いと子宮筋は十分に収縮できないため経血を

押し出せなくなってしまいます。

 

 そこで、血行を良くするために、血管を拡張するプロスタグラン

ジンを過剰に分泌され、そして痛みが起きるのです。

 

 身体にとってはごく自然な反応で、痛みを起こすことで悪いところ

を教えてくれているのです。

 

 血流が悪い→子宮筋が十分に収縮できないため経血を押し出せな

い→血流を良くするためにプロスタグランジンがたくさん分泌され

月経痛が起きる

 

 月経痛の原因は、血流の滞り、つまり「冷え」なのです。

 

 「冷え」が強く血流が滞りやすい女性は、月経の時、子宮の収縮に

必要な酸素と栄養が足りないため、血行を良くするプロスタグラン

ジンがより多く分泌され、月経痛が起きているのです。

 

 月経痛の根本原因は、プロスタグランジンではなく、「冷え」

なのです。