更年期障害の症状


 更年期障害の症状には、次のような自律神経失調症症状が

見られます。

 

 急に起こるのぼせ感・発汗、下半身の冷え、手掌・足底・

心胸部の熱感、動悸やめまい、不眠、頭痛、肩こり、腰痛、

疲労感などの身体症状が現れます。またイライラ、不安感、

精神疲労、うつ症状などの精神的な症状も見られるのが

特徴です。

 

 特に更年期の女性は、家事、仕事、子供の教育、介護など

多くのストレスを受ける環境にあります。さらに、女性は

心の変化を敏感に感じやすいことから、体調を崩すことが

よくみられます。

 

 なかでも不眠、イライラ、憂うつ、といった精神神経症状を

 

訴える女性は増加傾向にあると言われています。