更年期障害の根本原因と鍼灸治療


 一般に、几帳面で責任感の強いひとやストレスを受けや

すい環境の人は、更年期障害の症状が現れやすいと言われ

ています。また、不規則な生活や食生活を続けてきたことな

ども原因んと考えられています。

 

 しかし、このうような人が必ず更年期障害になるとも限ら

ないのです。これだけ進んだ西洋医学においても、なぜ

更年期障害になる人とならない人がいるのか、まだはっきり

とした原因は分かっていないのです。

 

 一方、東洋医学では、昔から冷えは万病のもとと言わ

れてきました。様々な体の機能が冷えにより低下していくと

考えられています。

 

 人の体は生活習慣やストレス、外傷、環境などの要因により、

気血の流れに偏りや滞りが起きます。そしてだんだんと体の

芯に冷えを生じ、多彩な症状が現れるのです。

 

 更年期障害もその多彩な症状の一つです。

 

 この冷えを東洋医学では「根元的な冷え」と呼び、病の

根本原因と考えています。

 

 たとえば、私たちの体は、家事や仕事で忙しかったり、悩み

事や人間関係などによるストレスを受けると、交感神経が

緊張して、脈拍を上昇させます。ある程度のストレスの下では、

血流が増えて血行も良くなって良いのですが、行きすぎた時が

問題なのです。

 

 行きすぎると血管の収縮が徐々に強くなってくるため、血流

障害が起こり、体は冷えていきます。そして、「手足が冷える」

「顔色が悪い」などの症状が現れてきます。活発に生きている

人たちは、非常にはつらつとしていますが、限度を超えると

体は冷え、だんだん元気がなくなってきます。

 

 ストレスは体を冷やす大きな原因の一つです。ストレスに

より交感神経が亢進し、血管が収縮し、体は冷えるのです。

 

 そして、体の芯に冷えが生じた結果、様々な機能

低下し、更年期に起こる一時的な生理の変化、

つまエストロゲンの減少に体が対応できなく

なるのです。

 

 西洋医学的な治療は、不足するエストロゲンなどの女性ホル

モンを用います。辛い症状を和らげてくれる薬の効果はすばらし

いものです。しかし、残念ながら服用を続けないと症状は繰り

返します。これは減少していくエストロゲンを一時的に増やして

いるので、不足すればまた再発するのです。このように西洋医学

は、減少していくエストロゲンに着目して治療を行います。

 

 しかし、本来、更年期にはエストロゲンは減少して

いくことが体にとっては自然なことで、この変化に

対応できない体質になってしまったことが問題なの

です。

 

 このような体質になった根本原因(根元的な冷え)を取り除く

ためには、鍼灸治療とともに生活習慣を見直すこともとても

大切です。「冷え」は知らず知らずのうちにだんだんと身体の芯で

大きくなっていきます。昨日今日で溜まるものではなく、長い

時間をかけて大きくなっていくのです。

 

 根本治療は、たいへん根気のいる治療です。しかし、はりと

お灸で身体の芯の冷えをとっていくことで体質は改善され、

悩まされている更年期障害の症状が徐々に和らいでいきます。

 

 さかまき鍼灸院では、「冷えを解消し、更年期に起こる

身体の変化を自然に経過していくように導く」と

いう根本治療を行っています。 

 

 はりとお灸で、「冷え」をとり、気血のめぐりを整え、体の機能

の回復を促します。そして、陰陽のバランス、つまり、交感神経と

副交感神経のバランスも整い、自律神経症状が徐々に緩和されて

いきます。そして、「更年期の生理的な変化を自然に経過する」と

いう、本来の体を取り戻すのです。

 

 心と体が元気になる鍼灸治療は、更年期障害に

とても適した治療法です。

 

 ぜひ一度ご相談ください。